一位一刀彫

木の国飛騨の象徴である一位(イチイ)の木は、イチイ科に属する常緑樹です。
一位の語源は平安時代(平治年間、二条天皇)即位の折、高山市街地南方に飛騨一ノ宮水無神社(ひだいちのみや みなしじんじゃ)があり、その神体山として祀る位山(くらいやま、標高1,529m)の「一位」で作られた笏(しゃく)を献上しましたところ、他の材より質良く優れているところから「正一位」を賜ってからと伝えられています。
江戸時代末期、根付彫刻師・松田亮長(すけなが)が一位材の持つ特徴の白太・赤太(辺材・心材)を使い、彩色を施さないシンプルな造形の一位一刀彫を大成しました。

一位の木は年月が経つにつれ木肌や木目の色艶が深くなり、美しい飴色に変化するのも魅力です。
伝統的な根付や置物、茶道具などのほか、近年では時代に合わせた作品も製作しています。

オリジナル作品