一位一刀彫の伝統

一位一刀彫の創始者である松田亮長(まつだ すけなが)は、文政6年(1823年)23歳の時2カ月間の旅に出ています。 伊勢、奈良、金毘羅、岡山、神戸、伏見、京都、等名所を巡っています。

この時奈良で着色を施した奈良の一刀彫を目にしたと思われます。

高山に帰ってから、それまで一位細工(一位の板物で作る文具類)の材料として使用されていた一位の木で彫刻する事を考案し、一位の材の持つ特徴の白太(辺材)と赤太(心材)の色の違いを生かし考案したと思われます。

その鋭い刀痕と奇抜なデザインは松田亮長独自の形であり、奈良の一刀彫とは違う飛騨の一刀彫を作り出しています。

一位一刀彫・系譜

津田亮貞から実の子から子へとつながり、技術の継承から言えば松田亮長から今の津田亮友が六代目となります。

津田亮友

津田亮友(すけとも)

津田亮佳

津田亮佳(すけよし)